アドラー心理学を学ぶ 勇気づけのページ 福岡 熊本 共依存・アダルトチルドレンの克服

 

 
 
 
 

アルフレッド・アドラー

  1 生まれ 

  アルフレッド・アドラーは1870年オーストリア、ウィーン近郊のペンツィングで裕福なユダヤ人穀物商の父のもとに生まれました。多くの兄弟の中で育った ことが原因で、アドラー心理学の理論は親子関係よりも兄弟関係を重視しているのではないかとも言われています。  

 医者の道を志したア ドラーは1895年にウィーン大学医学部を卒業後、内科の開業医としてある程度の成功を収めます。 



2 フロイトとの出会いと別れ 

 そんな彼が、フロイトの「夢分析」に触れます。精神分析に興味を持った彼は、1900年代の初期にフロイトの研究仲間となります。1910年には精神分析学会の会長にも就任します。 

 しかし、そのすぐ後1911年にはフロイトとの学説の対立が原因で9人の仲間(当時フロイトの学会は30数名だったという)と学会を脱退、自分たちだけの学会(後の個人心理学学会)を設立します。(2年後にはユングも脱退します。) 



3 アドラーはフロイトの弟子ではな かった 

  一般に言われているように、アドラーがフロイトの弟子だったことは一度もありません。教育分析を受けたこともないし、研究仲間に入る前から内科医として自立していた彼は、フロイトと対等の研究仲間だったのです。 

 このことは、彼が「精神分析学会」に所属していたころからフロイトの学説とは系統の違う説を唱えていたことからも分かります。精神分析学会のメンバーの約3分の1はアドラーの仲間で彼らがアドラーとともに「個人心理学学会」を作るのです。 

 フロイトとアドラーそしてユン グという三人もの精神的な巨人がこの時期ウィーンで顔を合わせたことが歴史の妙だったのです。 



4 個人心理学(アドラー心理学)の発 展 

 フロイトと別れて、アドラー心理学はその独自の理論をより効果的に発展させます。アドラーは自分の心理学を「人間」を分割できない「個人」全体としてみるということから「個人心理学」と呼びます。 

 個人心理学はフロイトの学説のように「性」に偏向することもなく、ユングの学説のように神秘 主義に偏向することもなく、人間の常識(アドラーは「人間知」と呼びました)に基づいて理論を発展させます。 

 その後第一次世界大戦が勃発します。彼は軍医として戦線に従軍します。この間アドラー心理学の発展は一時中止します。 



5 チャイルドガイダンスセンターの設 立 

 精神医学に興味を持つ前から、社会に関心の高かったアドラーでしたが、ロシア革命の現実を目の当たりして「マルクス主義」に幻滅します。 

 そして、「育児と教育によってのみ個人の改革は可能である」と考えるようになり、敗戦後のウィーンで世界初の児童相談所(チャイルド ガイダンス センター)を設立します。 

 この児童相談所は 子どもや親の相談の場所としてだけでなく、教師、カウンセラー、医者の再教育の場としても機能し、アドラーは自分のカウンセリングを公開してみせました。この児童相談所はオーストリア全土に普及し、ヨーロッパ全体にも影響を与えます。 



6 国際的に注目を浴びるアドラー心理 学 

 1920年代には「個人心理学」は心理学と教育の部門で国際的な地位を獲得します。後にアメ リカでアドラー心理学を普及するドライカースもウィーンで活動をはじめ、オーストリア全土に児童相談所及びアドラーの弟子たちのクリニックができます。 

 ドイツの全ての主要都市及びオ ランダ、チェコスロバキア、ハンガリー、イギリス、アメリカに 個人心理学の学会できるのもこのころです。 



7 ナチスの台頭とアドラー心理学消滅 の危機 

 しかし、1933 年にナチスがドイツの実権を握ると、オーストリアにもナチスの手は伸びてきて1934年には児童相談所と実験スクール、各地のアドラー派クリニックが廃止されます。身の危険を感じたアドラーはアメリカに亡命し活動を続けます。し かし、1937年スコットランドでの講演旅行の最中に亡くなります。 

  そして、多くのアドラーの弟子たちはオーストリアやドイツに残されます。弟子たちの活動はしだいに制限され、個人心理学会の活動も縮小していき、アドラーの死とともに国際学会誌も廃刊に追い込まれます。 

 さらには多くはユダヤ人だった アドラーの弟子たちはナチスのホロコーストのために命を落とし ていくのです。ナチスの弾圧とアドラーの死によってアドラー心理学は、消滅の危機に見舞われます。



※参照させていただいた本
「現代アドラー心理学」マナスター/コルシーニ著 前田憲一/高尾利数訳
「人生の意味の心理学」アルフレッド・アドラー著 高尾利数訳
「人間知の心理学」アルフレッド・アドラー著 高尾利数訳
「個人心理学講義生きることの科学」 アルフレッド・アドラー著  岸見一郎訳  一光社
「アドラー心理学の基礎」 ルドルフ・ドライカース著  宮野栄訳 一光社


このページの感想をお待ちしています

 
 
ホームページ作り方