アドラー心理学を学ぶ 勇気づけのページ 福岡 熊本 共依存・アダルトチルドレンの克服

 

 
 
 
 

共同体感覚

1 アドラー心理学は「劣等感」の心理学では ない 

 共同体感覚とはアドラー心理学でもっとも大事なキー概念の一つです。よくアドラー心理学のこ とを「劣等感の心理学」と記述してあることがありますが、これはある意味で嘘です。 

 現代のアドラー心理学では劣等感は重視されていません。(劣等感という概念と言葉がアドラー によって創り出されたのは間違いないですが。) 

 創始者のアドラーですら劣等感については重視していませんでした。 

 第一次世界大戦に従軍して帰ってきたアドラーは友人や学生たちの前で「今日の世界が主に欲し ているものは共同体感覚であると思われる。」と言っています。(「現代アドラー心理学」マナスター/コルシーニ著より) 


2 フロイト派の主張 

 なぜ、「アドラー心理学は劣等感の心理学」という誤解が今も続いているのでしょうか? 

 それは初期のアドラー(フロイトの研究仲間だったころ)が劣等感のことを主張していたからで す。 

 フロイトと別れた後のアドラーがどれほど理論と実践を発展させたか知らない(知ろうとしな い)フロイト派精神分析の人たちが言っているだけ、と言われています。 

 私の知っているアドラー心理学は「共同体感覚の心理学」です。 


3 共同体感覚って? 

 しかし、共同体感覚って難しいのです。はっきり言って分からないのです。どうも、頭で理解す るようなたぐいのものではないようです。 

  ドライカース(アドラーの後継者の一人)は次のように言っています。 

  「共同体感覚というのは、ある集団や階級への単なる所属感とか、民族全体への奉仕を意味するのではありません。<中略> 
 共同体感覚には固定化された目的はありません。それは、人生への態度を創り出すこと、何らかの方法 で他の人々と協力したいと望むこと、人生の諸状況に精通することであると言った方が、より真実に近いかもしれません。 
 共同体感覚は、相互協力に対する私たちの受容力の表現法なのです。」 
(「アドラー心理学の基礎」宮野栄訳より) 


4 「協力しよう!」という本物の意欲 

 とにかく、何というか、他の人たちと協力して、みんな幸福に生きていこうという意欲のような ものらしいのです。「人は一人では生きていけないものだから」というわけです。 

 確かに「みんなのために貢献したい。」「みんなから受け入れられたい。」って気持ちは人間だ れしも持っていますよね。 

 人間って周囲に受け入れられないと自殺さえしますから。個体の生存よりも集団への所属の方が 優先する生き物なのです。 


5 「共同体感覚」の成長 

 でもって、自分の人格をより成熟したものに成長させていくと、この共同体感覚も発展していく らしいのです。 

 ですから、まだ僕には完全に理解できないだろうなーと思うのです。ま、何事も完全は求めない 方が無難かな。現在の理解で「よし」としよう。 

 とにかく、共同体感覚って「みんなが幸福になるように、みんなと協力していきたい」と思う感 覚なのです。 

 そして、成熟するに従って、共同体感覚の対象が自分の仲間内の小さな集団から、より大きな集 団へと発展していくそうです。 

 自分だけ→家族のこと・職場のこと→地域全体→日本全体→現在の人類全体→未来の人類→地球 環境→宇宙 かな? 


6 より大きな集団の幸福を考えてみませんか? 

 みなさん。今の自分の生活も大切ですが、たまには「未来の日本がもっと幸福な社会になるに は、今の自分は何をしたらいいか。」て考えてみませんか? 

 自分の行動に迷ったとき、客観的に自分が考えられる範囲のもっとも大きな集団にとって建設的かどうかと考えることが共同体感覚の発動につながるようです。 
 

 



※参照させていただいた本
「現代アドラー心理学」マナスター/コルシーニ著 前田憲一/高尾利数訳
「人生の意味の心理学」アルフレッド・アドラー著 高尾利数訳
「人間知の心理学」アルフレッド・アドラー著 高尾利数訳
「個人心理学講義生きることの科学」 アルフレッド・アドラー著  岸見一郎訳  一光社
「アドラー心理学の基礎」 ルドルフ・ドライカース著  宮野栄訳 一光社


このページの感想をお待ちしています

info@yukiduke.jp
 
 
ホームページ作り方