働きやすくなる最強マインド|勝ち組サイコパスになる方法

サイコパスになる方法

「人間関係の悩みが尽きない…」
「自分はいつも人に流されてしまう…」

このようなことで毎日頭の中が支配されている、考えすぎてしまって辛い…繊細で優しい人ほど、このような悩みを持つもの。
他人のことを理解してあげようと思うのは本当に素晴らしいことです。

でも、職場の人間関係全てに気を遣ったり、自分の意見を押し殺して人に合わせるのは疲れてしまいますよね。

生きにくい社会

神崎
こんにちは、『easier(イージアー)』編集部の神崎です。
僕も周りに気を遣いすぎて毎日消耗していました。

ある日ふと思ったんです。
「何でこんなに働きにくさを感じるんだろう…?」と。
楽しそうに働いている人と比べて自分は毎日暗い気分で働いているのは何で?

そこから色々調べていった時に、めちゃくちゃ生きやすそうな人種がいることに気づいたんです。
それが「サイコパス」です。

サイコパスの特徴をざっくり言うと、

  • 表面上は社交的
  • 自分の目的を達成するためには他人を利用する
  • 心拍数が上がらず常に冷静

社会人として生き抜いていくのに適していますよね。
サイコパスになれたら楽なんじゃないかと思っただけです。

いやいやちょっと待って、サイコパスになんかなりたくないよー

っていうかもしれませんね。
でも、マジモンのサイコパスになれというわけではなくて、サイコパスマインドを持ちましょうというのがここで伝えたいメッセージです。

サイコパスのように振る舞えるようになれば確実に会社で生きやすくなりますし、人間関係に必要以上に悩むことも無くなります。

ということでこの記事では「勝ち組サイコパス脳の手に入れ方」について解説していきます。

読み終わった頃には「あ、サイコパスマインドを持つと生きやすそうだなぁ。ちょっとやってみよう!」と思えるようになりますので、ぜひ最後までお付き合いください!

それでは本題に入っていきましょう。

1、サイコパスとは?2種類ある

サイコパスとは、精神病質者というパーソナリティ障害を持つ人のことであり、一般的に社会に適応するのが難しいと言われています。

  • 平気で嘘をつく
  • 猟奇殺人者
  • 良心がない

サイコパスは、ネガティブなイメージで捉えられることが多いですが、サイコパスの定義はもう少し広くて、一般人と見分けがつかないサイコパスも多くいます。

サイコパス研究の第一人者である犯罪心理学者のロバート・D・ヘア博士によれば、サイコパスの特徴は以下の通り。

サイコパスの特徴
  • 良心が欠落している
  • 他人への共感能力がない
  • 嘘をつくことに抵抗感がない
  • 責任感がない
  • 罪悪感を感じない
  • プライドが高い
  • 雄弁で社交的である

そしてサイコパスは2種類に分類できます。

  1. 1次性サイコパス
    コミュニケーション能力を身につけたサイコパス。
    ストレス耐性が強い上にコミュ力が高いのでリーダーに向いています。
  2. 2次性サイコパス
    他人のことを考えない自己中なサイコパス。
    サイコパスの負の側面が強いため扱いにくい人物と評価されます。

もちろん我々が目指していくのは「1次性サイコパス」
一般的にサイコパスは社会に適応し難いと言われていますが、このタイプのサイコパスは自分の感情をしっかりとコントロールでき、非常に優秀な社会人と周りから思われます。

2、サイコパス思考を身につける3つのメリット

サイコパス思考を身につけるメリットは以下の3つです。

  1. 恐怖心が欠如しており色々なことに挑戦できる
  2. 感情に流されず、合理的な判断ができる
  3. 常に自信を持ちメンタルが強い

このようなメリットを身につけることができれば、会社の悩みの多くが解決できます。

それぞれのメリットについて簡単に見ていきましょう。

メリット1|恐怖心が欠如しており色々なことに挑戦できる

サイコパスは普通の人が「怖いな…大丈夫かな…」と思うことでも恐怖心を感じません。
これは非常に大きなメリットで、なかなか行動に踏み切れないことでも躊躇せず挑戦できます。

例えば…
  • 社長や経営幹部に対しても間違っていることを間違ってると指摘できる
  • 大勢の人がいる場でのプレゼンも難なくこなせる
  • 会議の場でガンガン意見を言える

「お前、すごいな」と思われるようなことでも、さらっとできる人っていますよね。
その人はサイコパス性を持っていると言えるんです。

神崎
良い意味で「怖いもの知らず」ですね。

メリット2|感情に流されず、合理的な判断ができる

サイコパスは「感情がない」と言われるようにトラブルが起きても常に冷静に物事を見れます。

感情がないわけではないのですが、「どうしよう」と思うよりも「起きてしまったことはしょうがない。
この状況でどうすれば自分の目標が達成できるのか?」ということにすぐに興味の対象が移ります。
自分の感情よりも結果を優先するので、すぐに次善の策を感がることができるのです。

また、感情に流されないので他の人を忖度するということもありません。人に気を遣って効果が出ない施策をすることを良しとせず、常に結果にフォーカスした合理的な判断ができます。

神崎
テンパることもなければ、人に気を遣って自分を押し殺すということもありません。

メリット3|常に自信を持ちメンタルが強い

これも感情の起伏が少ないということに起因するメリットですが、サイコパス思考では常に自信を持ちメンタルが強くなります。
心拍数が上がることが少なく、動揺することがないためです。

結果に異常に執着するので、その過程で辛い…とか疲れた…と感じることもなく、ストレス耐性が強いです。
人に非難されても怒られても気にしません。
結果さえ出せれば良いので。

サイコパスマインドを持てば鋼のメンタルを手に入れることができます。

神崎
結果にフォーカスしているので他人からの評価は気になりません。

サイコパス思考を手に入れるメリットは分かりましたでしょうか。
3つのメリットをおさらいしておきましょう。

  1. 恐怖心が欠如しており色々なことに挑戦できる
  2. 感情に流されず、合理的な判断ができる
  3. 常に自信を持ちメンタルが強い
神崎
サイコパス思考はかなり強力な武器になります。

「サイコパス脳は人生をイージーモードにする」

これについて次の章でもう少し詳しく説明していきます。

3、サイコパス脳になれば生きやすくなる

  • 人間関係で悩んでしまう
  • 会議で中々発言できない
  • 自分らしさを出すことができない

このような悩みを全て解決するにはサイコパスになれば良いだけです。

サイコパス脳を手に入れることができれば人生がかなり楽になります。
生きやすくなる理由は2つ挙げられます。

  1. 他人に関心がなくなる
  2. 人を惹きつけるリーダーシップが身につく

理由1|他人に関心がなくなる

他人に必要以上に流されることがなくなります。
社会人が持つ仕事の悩みの8割以上は人間関係に起因しているのではないでしょうか。

  • 上司
  • 経営者
  • 同僚
  • 関係会社の人
  • 取引先
  • 株主

色々な人が関わりながら仕事をしているので、その人間関係も複雑です。
中には面倒臭い人もいるわけで。
その対応に時間を割いているという人も多いでしょう。

他人に関心がなくなれば、かなりの部分を占める人間関係という悩みの多くが解決できるので生きやすいです。

理由2|優秀な経営者はサイコパス性を持つ

コミュニケーション能力が高いサイコパスはリーダーシップ力が高いので、自然と人を惹きつける魅力があります。

優秀な経営者は少なからずサイコパス性を持っていることがわかっています。

  • 多くの人を巻き込む力がある
  • リスクの大きな決断でも冷静に下すことができる
  • 会社の目標達成のために感情を捨てることができる

このようにサイコパスの特徴は非常に経営者に向いています。

ー稼ぎたい!
ー有名になりたい!

何者にかになりたいと思っている人にぜひ覚えておいて欲しいのですが、サイコパス性を持っていると社会的に成功しやすいのです。

4、サイコパスマインドを身につけるには「瞑想」が有効

では次にどのようにこのサイコパスマインドを身につけていけば良いかという話をしていきます。

サイコパス脳を身につけるとチートになれることはわかった。
でも大切なのは「どうやって」そんな魔法の杖を手に入れるかということですよね。

結論から言うとサイコパス脳になるためには「瞑想」することが有効です。

仏教僧とサイコパス脳は似ている

オクスフォード大学でサイコパスを研究しているケビン・ダットン博士によれば、サイコパスの脳は仏教僧の脳に酷似していると言います。

サイコパスの脳と仏教徒の脳には、多くの類似点がある。どちらも合理的な思考力が高く、「今ここ」に生きる考え方が強く、プレッシャーが大きい状況にも強いのだ。

サイコパスの脳は、普通の脳にくらべて前頭葉前半部が活性化している。また、サイコパスの脳には大脳の機能の偏りがないため、不安感の減少、ポジティブな感情や集中力の増加、報酬志向といった傾向が強くなる。これらは、精神性が高まったときにも見られる要素だ。リチャード・デイビスの調査によれば、深い瞑想にはいった仏教僧にも同じような特徴が見られる。

つまり、仏教僧の脳の構造に近づくことができれば、サイコパス脳にも近づくことができるのです。
仏教僧の脳はどうやって作られるかと言うと、色々な修行をしているわけですが、長い時間をかけているのが「瞑想」です。

瞑想でサイコパスに近づくメカニズム

瞑想は色々な効果があることが近年の研究でわかってきています。

中でも注目したいのが「脳の可塑性」と言う概念。
これは瞑想をすることで脳が成長していくことを証明した概念です。

瞑想とサイコパスの関係を考えるときに重要なのが脳の「扁桃体」。
ここは人間の本能に基づいて、恐怖心や不安感を司っている部分。
サイコパスは扁桃体が機能不全となっていると言われています。

  • 恐怖心や不安を司る扁桃体の機能不全
  • 恐怖心や不安を感じなくなる
  • 恐れや不安を感じることなく行動できる

サイコパスは、このような脳の構造になっていると言えます。

瞑想を継続することで、この「扁桃体」の活動を抑えられることがわかっています。
瞑想のトレーニングを継続して行うことで、扁桃体を徐々に機能不全に近い状態にしていけるというわけです。

瞑想のやり方

瞑想には色々なやり方や流派があるようですが、ここでは私が日頃行なっているめちゃくちゃ簡単な瞑想方法をご紹介します。

  1. あぐらをかいて座って背筋を伸ばす
  2. 10秒かけてゆっくりと息を吸い込み、
  3. 10秒かけてゆっくりと息を吐く

これを10分間行うだけです。
注意したいのは、瞑想を行なっているときは呼吸だけに注意を向けて何も考えないようにすることです。

間違っても「今日の夕飯何食べようかな?」「次の休み何しようかな?」とか考えてはダメです。
邪念は取り払ってクリーンな気持ちで瞑想に取り組みましょう。

5、まとめ:サイコパスマインドはチートになれる特効薬

この記事をまとめていきます。

まとめ
  • サイコパスマインドを持つと3つのメリットがある
    1、恐怖心を持たずに色々なことに挑戦できる
    2、感情に流されず、合理的な判断ができる
    3、常に自信を持ちメンタルが強い
  • サイコパス脳を持つと人間関係に悩まないこと、リーダーシップが身につくことから生きやすくなる
  • サイコパス脳を手に入れるためには「瞑想」が有効

サイコパスマインドを手に入れると、職場で働きやすくなるということがお分かりいただけたかと思います。

ぜひ日常生活に「瞑想」を取り入れて、最高のマインドを身につけて下さいね!

神崎
生きやすさが全然違ってくるよ!